茶鞠とは

私たち茶鞠(chamari)は、

『あなたの心を動かし、こころとからだの安らぎ・健康・福祉をもたらすものであるためにー 一杯の日本茶、ホッとするひととき、おもてなしの心から』

を企業のMISSIONとして掲げ、全てのお客様というくくりではなく、一人一人のお客様の個性と向き合います。
あなたに至福のひとときを過ごして頂けるよう、商品・サービス・デザイン・接客・・・・・
その全てにおいて、常によりよいものを追求していくことをお約束します。

上質で香り高い個性豊かな抹茶・日本茶と、洗練されたモダンなデザインがあなたの五感に訴えかけます。

私たちは『抹茶・日本茶』を通じて、世界中の人々が多様性を認め合い、すベての人に健康と福祉をもたらす社会になるよう世界に向けて発信し続けます。

Reason

選ばれる理由

上質な香りで至福のひとときを。
新しい抹茶・日本茶を五感で愉しむ。

上質とは何か?

それは素材に拘り洗練されたもの。

シンプルに見えて細部に個性を秘めていること。

手間ひまをかけて、高い技術を要してつくり上げるもの。

それを上質と呼びます。

抹茶・日本茶において、上質な商品を手に入れるためには、産地、茶園、栽培者、品種、製茶技術などを見比べて、 きちんと選定していく必要があります。

茶鞠-chamari online store-では、NPO法人 日本茶インストラクター協会から、日本茶のプロとして活動が出来る 「日本茶インストラクター」の資格認定を受けた代表が、自ら厳選した商品のみを取り扱っています。

特に「上質な香り」に拘った極上の抹茶・日本茶をどうかお愉しみください。

茶鞠 -chamari- 代表
日本茶インストラクター NAOKI

How To Make

美味しい水出し煎茶のつくり方

①茶葉を入れる

水1リットルに対して約20gの茶葉を入れる。茶葉は、水出しでも出やすい深蒸し煎茶(牧之原など)か、香り高い品種(蘭花など)がオススメ。

②水を入れて冷蔵庫で1時間待つ。

水は浄水器を通した水か、硬度30〜80mg/Lの軟水を使うのがベター。

③茶こしで茶葉をこす

こす前に、容器を時計回りに軽く3回ほど振ってから茶こしでこす。

④グラスに注いで完成

・香り高い品種の水出し(蘭花など)は、ワイングラスで飲むのがオススメ。
・そのままもう一度同じ水量と時間でやれば、1回目より薄めですが、2回目も充分に愉しめます。蘭花なら約3回分出ます。