天極 (Tenkyoku) 10g

【シングルオリジン】
品種:おおむね・やぶきた
産地:静岡県静岡市葵区玉川地区
生産者:小杉佳輝
茶園面積:200アール
摘採:一心二葉手摘み・一年一作
標高:800m
蒸し:極浅むし(約6秒)
特徴:気品ある香り、山茶らしいキレのある渋み、濃厚な旨み

1set

¥1,080(税込)

数量を選択してください

●商品について

最上級煎茶、天極 (Tenkyoku)。

面積30Rと年間わずか100kg程度しか生産されないこのお茶は、JR静岡駅から北へ45km進んだ北アルプスの標高800mの「天空の茶園」とも呼ばれる限界栽培地でつくられる。

そこは途中から車も入れず、40分ほど山を登ってはじめて辿り着く斜面に茶園があり、野生のニホンカモシカやニホンザルと遭遇することもある。

通常日本茶は一番茶の後、二番茶・三番茶とつくられ摘採されるが、天極は全ての香り・渋み・旨みを凝縮させるために、一年一作の一番茶のみしか摘み取らない。

熟練の職人が年に一度集結し、新芽の中でも質の良い新芽のみを全て手摘みで摘み取ります。

独自の有機肥料を使い土づくりから製茶まで拘りつくした、正に日本茶の最高峰の至極の逸品。

日本茶の中心(軸)として定義するのに相応しいと思い、北極星の意味を持つ
『天極』と名付けました。

その茶葉の形状は、美しい紡錘形をしており、針のような鋭さ、艶のある濃緑色、まるで芸術品のようです。

※急須から淹れる場合、最後の一滴まで注ぎきってください。
※茶葉はポン酢をかけたりして召し上がって頂けます。7割の栄養素は茶葉に残っておりますので、ぜひご賞味ください。