手鞠花(Temarika) 50g

品種:やぶきた(Yabukita)
産地:静岡県産(Shizuoka)
蒸し:普通蒸し
摘採:2021年新茶(一番茶)
特徴:新茶らしい青々しい香り、渋み、甘みのバランスが良い。
グレード:★★★☆☆

1set

¥1,080(税込)

数量を選択してください

●商品について

日本で一番生産量の多い品種「やぶきた」品種の新茶です。

「やぶきた」は、杉山彦三郎が静岡県在来種の実生園から選抜し、昭和28年に品種登録された品種茶です。

孟宗藪(もうそうやぶ)の開墾畑に種子を撒き、南側を「藪南」、北側の物を「藪北」と称し、北側の方が品質が良かったことから「ヤブキタ」と命名されました。

今でも「ヤブキタ」品種は、茶栽培の王様で、実に全国の品種栽培の76%を占めています。特にやぶきた発祥の地である静岡県は90%にものぼります。

なぜ、やぶきた品種がそれほどまでに使われるのでしょうか?
それは、やぶきた品種が香味濃厚、収穫量安定、生産効率の良さが他の品種に比べて高いからです。

「手鞠花」は、やぶきた発祥である静岡県産のみに拘り、香り・甘み・旨み・渋みのバランスに拘ったスタンダードな日本茶として、普段のみに最適です。